ライトヴァースの試み 1/12

 次頁
ライトヴァースの試み














  我らの旅

向うの
水路のほとりで
(みずがらし)を摘んだ
崖を巡って来ると
石が光った
霧の縁を
蹲るように進んだ
暗い思いに飲まれて
嵐の後
言語の
世界から差し出された指が
ボーンチャイナ
(骨灰磁器)を
揺する
慈しむ
コン染め
(肉汁)の沼の水
ちぎれたクレソンの
浮き身
(藻)