▼クリックで移動します。
●2016年7月~12月 ●2016年1月~6月 ●2015年7月~12月 ●2015年1月~6月 ●2014年 ●2013年 ●2012年3月~12月 ●2011年12月~2012年2月 ●2010年10月~11年6月 ●2010年5月~9月 ●2009年11月~10年4月 ●2009年6月~10月 ●2009年1月~5月 ●2008年11月~12月 ●2008年8月~9月 ●2008年5月~9月 ●2008年3月~4月

●画像はクリックで拡大、再クリックで元へ戻ります。




2月22日

 野党、森友学園・籠池泰典理事長の参考人招致を求めるも、22日夕方の国会で与党が反対、合意できず。


2月21日

 上杉隆「日本の大手メディアの東京本社はほとんど『国有地払い下げ』。これ財務省の持ち物。『あんたのトコ、タダでもらってるんだから反対すると大変なことになるよ』と脅しが来る。そうすると黙っちゃう。国民が本当のことを知ることができなくなる」
  @Shinjukudaisy「それが何の脅しになるんですか? 財務省がメディアの土地を没取でもできるんですか?」没取=ママ。

 2015年6月のツイッターでのやりとり。上杉氏が改めてみずからリツイートしている。

 大阪の格安国有地の学校について、「生徒募集を打ち切ったみたいだけど3月の説明会を待たずに定員が埋まったのか? それとも開校を断念したのか」という声。


2月20日

 近所のもと小規模の工場が取り壊され、住宅にしては妙なつくりだな、屋根全面、太陽光発電のパネルだし…と思っていたら、「園児募集」の張り紙が出た。


2月19日

 灯油買い。1時間の散歩。浅間神社での名不明の野鳥の声の収録(コンデジ)


2月18日

 国有地激安不正取得、日本会議幹部経営の「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承ずみとのこと。 文春、新潮が追及。読売、朝日などは報道していない。


2月17日

 春一番。

 限界集落。15年4月時点で約1万5000(集落/国交省) 限界集落→消滅集落。


2月16日

 庭の椿がちらほら。


2月15日

 参議院「資源エネルギーに関する調査会」山本太郎の質問。水晶体被ばくについて。患者の数、詳細に。1996年の基準のまま年間限度150ミリ。2011年ICRP(国際放射線防護委員会)の改定「5年間の平均が20mSv/年を超えず、いかなる1年間においても50mSvを超えないようにすべきである」日本はこれを無視している状態。


2月14日

 カバー曲の楽譜をすでに作ってあるのに、数時間かけてまた同じ曲の採譜をしている愚。

【写真】水槽に虹を作ってメダカを通過させている。メダカ自体の色ではない。(プリズム効果)


2月13日

 稲田の言い草をいまいましく引きずりつづける…「法的な意味の『戦闘』ではなく、『武力衝突』だ」

 いじめについての教育委員会といえばいまやどこもかしこもだが、横浜の岡田優子教育長も噴飯もの。


2月12日

 水槽洗い、水温5度。


2月10日

 レディー・ガガという人の動画を初めてYouTubeで見たが、ピアノの弾き語り。ドラムもたたく。歌は「Hair」、いじめに遇って14歳で自死したゲイの少年を悼んだもの。


2月07日

 映画「スタンドアップ」2005年/アメリカ/ニキ・カーロ監督(女性)/シャーリーズ・セロン。


2月06日

 映画「GOEMON」江口洋介、広末涼子。


2月05日

 朝8時ごろ、軒下デッキの水槽で水をバタバタはじくヒヨドリ。水浴か。ぼさぼさの羽毛で逃げる。野鳥の水浴は気温と深くかかわっているような情報しかないけれど。


2月04日

 龍ケ崎市馴馬町の住宅火災、佐貫からの帰り、丘の上からものすごい黒煙、ほとんど風なく、まっすぐ立ち上る。やがて東寄りの風。消防の到着が遅すぎる。さらに時間がかかった救急車。右端の写真はツイッターから拝借。3時45分撮影となっている。たぶんまだ消防が到着していない。

 バイク、オイル交換。馬力が出ないのはタイヤ圧の不足ばかりではなかった。


2月03日

 羽原町の遺体遺棄事件で、1月31日と2月1日に事情聴取された男(28)が、土浦のポンプ場で首つり自殺。被害者の知人。母親とコンビニに入るまで警察が尾行していたらしいのだが、そこで男を見失っている。

 マティス米国防長官、普天間飛行場の移転先について「二つの提案がある。一に辺野古、二に辺野古だ」
  十代目文治の前ふりネタをかましてくれた。


2月02日

 換気扇掃除。


2月01日



1月31日

 遺体遺棄現場。【写真】左:献花台 中:献花台、内側 右:規制テープ


1月30日

 異常な暖かさ。庭の梅3輪開花。


1月28日

 日テレ系ニュース、遺体遺棄現場、不審自動車目撃談(女性)など放映。


1月27日

 羽原町遺体、県警殺人と断定。報道28日。


1月25日

 羽原町で遺体発見される。いつもの散策コース。遺体は親族から捜索願が出されていた男29歳、職業不詳。報道27日。


1月21日

 ことしになってからのことだが、ヤフーのメールに迷惑メールがやたら入るので、ヤフーに連絡し、チャットで話した。
《To(宛名)が当方のものでないのになぜ届くのか》が疑問の柱である。チャットの内容は保存しなかったけれど、ヤフーがいうには「1度に多数のメールを送る機能を悪用している」
 質問ではなく、意見だが、そんな機能でだれが利益を得ているのか。迷惑メールを増殖させるだけの機能ではないか。
「そういうことがないよう検討します」

 3、4日前に、漫画家からのメールが1度に40通ほど届いた。これにもびっくりして、そのことを漫画家に伝えた。40通はそれぞれ別の内容で、40の記事を登録して送信した、どのように受信されるかはわかっていない、と漫画家はいう。あるいは、登録した記事が1度の送信で相手に受信される、と考えたのかもしれない。じつはそうでなくて、何秒かの間隔で次々と送信される仕組みになっている。受け取ったほうをびっくりさせるには十分なシステムである。メールの画面を見て、ウイルスにやられたかと思った。漫画家からだとわかったが、メールは開かず、即削除した。
 宛名がでたらめなメールは、あて名を複数登録しておいて一発で複数送信するというシステムを利用したものである。迷惑メールにヤフーが加担していることになる。宛名がでたらめなのではなくて、To欄にはその機能を利用した《登録番号》のようなものか。

 そのご、こんどはヤフーから「メールについてのアンケート」が届いた。ただし、このアンケートは、ウィンドウズのアンケート同様、委託された業者によるアンケートだろう。ちょっと質問が多すぎたけれど、意見も入れて送り返した。ヤフーメールをだれかに勧めたことがあるか、勧めたいと思うかなどという質問には最悪の答えしかない。《ご意見・ご感想》には先のチャットと同じようなことを書いた。「ホットメールでもいいのだが、インターネット接続がヤフーなので、メールもまあこれでいいかという思いで使っている」。ヤフーに接続料を払って、そのうえバカなシステムで迷惑をこうむっているなどとありえないではないか。

 それからどうしたことか。迷惑メールがぴたりと止まった。このことが、きょうの日録の要である。


1月14日

 小野川が釣り人でにぎわっている。ワカサギ。バイクを見て話しかけてきた釣り人がいた。


1月13日

 牛久沼・谷田川、ワカサギ釣り多数。


1月12日

 利根川、若草大橋。


1月11日

 ホットカーペット(2畳)D2で。安売りだが山善の2015年製。売れ残りだ。

 DTMソフトをもとのPCへ戻す。NECPCでの状況をソフトメーカー・インターネットへ連絡したところ、調整プログラムが提供された。
 ソフトは1台のPCでしか使えない、との触れ込みと、アクティベーションの方法が二通りあることとの関係が理解しにくかったのだが、ソフトを二台のPCで使う場合、わざわざライセンスを追加する必要もないことがわかった。もともとソフトを入れておいたPCではソフトそのまま、べつのPCには専用のプログラムを組み込んだソフトを使うことができる。メモリの違いで、保存時の所要時間に差はあるが、それだけのことだ。

 PCの買い替えを考えていることをメールした、メーカー「パソコン工房」から電話。おすすめ2機種あるとのことだが、モニタージャック、マイクジャックが右側についていること、キーボードのキーは平べったいことなどを確認。ジャックが右側についているのは、とくにDTMの作業のさい不都合であることなどを話した。同時に右側でマウスを使うためで、いまのPCは通信販売で買ったためジャックの位置を知ったのは現物を手にしてからである。

 めまいすこし。

  [診断] あなたが見る色であなたの精神年齢を診断してみましょう! ……25歳と出た!(おまえはそれほど幼稚だ、といわれたのだな)加納有紗アナは62歳と出たそうだ。若くして老練。


1月10日

 ストーブ届く。LSDシールドライト(~6畳用)ビバホームで。4畳半に取り付け。

 某所へ用あって電話をした。相手の女性の受け答えがはなから剣呑で、話がうまくいきそうもないなと思いながら話し始めたが、やがて予想どおり、まずこちらがしだいに腹立たしい状況になってきて、するとあちらもさらに剣呑になって、おまけにそれまできれいな日本語だったのが、もろにおとなりの国のひとだとわかるしゃべり方になってしまった。彼女はそのことに自分でも気づいて、うわあっとおもったかもしれない。気の毒に。
 すこしめまい。


1月09日

 こうしてときどきサッシ越しに部屋をのぞき込むのである。気づかないでいると、サッシをノックする。羽ばたきで、サッシをがたがた鳴らす。一羽で来ることが多いが、つがいで来ることもある。ついこのあいだは、つがいで来ているのを知りながら、いつもの一羽ぶんの餌をやったら、催促された。いつもはそれでおしまいになるのに。一羽で来るほうは積極的だが、無視されることも知っている。ときどき餌を残すが、餌を食べているのを見てやっていると残さない。周囲への警戒心と関係があるのかもしれない。つがいでいるときの、一方への配慮をうかがわせる行動もある(これについて書こうとすると、こんなメモではまにあわない)
 めまい。


1月08日

 東京新聞統合版(夕刊なし)に詩の月評掲載はじまる。10何年かぶりにこの記事を見る。評者、川口晴美。

 DTMソフトを移動したパソコン、MP3ファイルへの保存に少し時間がかかるのはメモリが4Gのためか。NECの中古パソコンにはマニュアルがついていない。NECのサイトで型番をたどって調べてみると《4Gまで可》となっている。パソコンの裏のカバーを外して覗いてみると2枚のメモリが収まっている。たぶん2G×2で、法人向けのリースで満タンの4G搭載したのだろう。


1月07日

 詩集、詩誌に礼状ハガキ2通。ケイヨーD2のオンラインで石油ストーブ購入。


1月06日

 DTMのライセンスを取得するのでなく、DTMソフトを中古パソコンに移動。DVS Saxphoneなど音源インストール。

 汲み上げポンプ、ふろがま掃除用のブラシで洗浄試みる。風呂の水ははこれまで8分30秒かかっていたのが、7分50秒でOK。


1月05日

 Autriaのキーボードは4万ぐらいだったと思うが、付属するAnalogLab1(音源プリセット)の音源数が膨大で扱いも難しくなかった。しかしWin10になってからこれが使えなくなった(インストールできない)。キーボードよりも音源ソフトが肝心なのに。AnalogLabを使っている者へのサービスのような形でダウンロードできる同2は、いまひとつ使い勝手が悪い。
 AnalogLabは複数のPCにインストール可能で、リース払い下げで買ったPCでは、Win10でもソフトが使える。しかし音源を活用するにはDTMソフトが必要で、いま使っているソフトを別のPCでも使えるようにするには追加のライセンスを申し込まなくてはいけない。これが2万500円かかる。DTMソフトにはフリーがいくつもあるけれども使い方はそれぞれで、しかも楽譜への音符の打ち込みが可能でないと困る。少しでも使い慣れたソフトのために、ライセンス追加でまた金を出すか…さて…。

 MuseScore2というフリーソフト。解説、レッスンの動画付き(英語、字幕あり)の優れもの?を発見、ダウンロード。
 さきに、音符が書き込めるNotionのデモをインストールしてみたが、表示が細かく、大きめのディスプレイでないとダメなよう。デモでは楽曲の保存もできない。即アンインストール。


1月04日

 昨夜は、大いなる気まぐれでエレキギターの特徴などを検索し、弦の押さえ方、弾き方などを見ていて、少年時代から手にしていたのがクラシックとかフォークとかばかりでなく、エレキギターにも色気を出していたら、もしかするともうすこしましなギター演奏ができるようになっていたのではないか、と実に大甘な思いにふけったのだった。 ベンチャーズは好きだったが、エレキをやろうとは思わなかった。
 十代のとき、バンドをつくろうなんて話になって、いちおうギターが弾けるけど下手だ、といったら、だったらベースをと勧められ、ずいぶんめんくらった。演奏仲間に入るというところまでいかなかった。いま思い出すと、あのとき、「唄える」といっていたらどうなっていたろう。仲間のうちのだれかが唄うなんて話はなくて、こちらにしてもそんな発想すらなかったのがかえって不思議な気がする。


1月03日

 DTMではサックスのベンドダウン、ベンドアップは、エフェクトで表現できるのだが、じっさいは楽器をどのように操作するのだろか、と以前から疑問だった。サックスにはさわったこともない。ピッチを変えるボタンでもサックスに備わっているのだろうか、などとかんがえていた。そしてきょうようやく、ネット検索で答えにたどり着いた。ピッチを操作するボタンなんてものはなくて、息とあごの動きで音を変化させるというんだな。口の形を、あれを何というのだったか、アンブシュアか。ピースのくわえ方も独特で、上の歯はそのまま、下の前歯は下唇でくるんで、ちょうど下唇がクッションみたいな形になって、ピースをくわえるんだ。それで、音をとらえた指はそのまま、下あごを下げる、上げるなどで、音を下げたり上げたりする。簡単ではなさそうだ。エフェクトを使いながら、ほんとにこんな音出せるのかと気にしながらやっていた。DTMではまがいもののテクだけれど、まあ、大目に見てや、ってな気持半分、どうだまいったか、ってなやけくそ半分。

SaxLabyなど、ほんものみたいに、楽器じたいが苦手とする音があって、たとえばラの音が出にくいとか、そんなところがおもしろい。どっかの大学がこしらえたアンドロイドの夏目漱石なんかよりもずっと存在感がある。(今後改善されるのかどうか、あれ、目の玉は動くけど、盲人の目。だからアンドロイドなんだよ、と怒られるかな)


1月02日

 2台目のSONY・MDデッキ、臨終。残る1台は不具合なし。たまたま聞き比べることができたのだが、ミキサーを通して聴くMDデッキの音が、こわれる寸前のMDデッキよりもキレがいいことに気づく。動作しなくなったMDデッキは、しばらく前から再生のみで使い、たまにうっかり編集のボタンを押して、そのたびディスクが機器に閉じ込められた。それを取り出すのにシャーシーのねじを外して配線板を丸出しにしてきた。音の違いがわかっていたら、いつまでもこいつにしがみついてはいなかった。残る1台のMDデッキは、録音データの編集でこのさきまだまだ働いてもらいたい。


1月01日

自宅庭

 キジバトがつがいで庭にやってきたのは2か月ぶりくらいか。頭のあたり羽毛が抜けたのが、ずっと1羽だけで来ていた。

 6年ぶりに午前8時台は1秒増えて、8時59分60秒が入る…ということで、PCモニターでスクリーンショットを撮ろうと待ち構えていたのだが、そんなふうな表示が出るようにはセットされているはずもなく、8時59分59秒のあとはきっちり9時00分00秒であった。だいたい、PCでの時刻表示はは自動的に時間を合わせてくれているらしいけど、どこまで正確なのか。元旦のほんにまぬけなはなしである。ただ、スクリーンショットはキーボードのPrtScキーで1秒間に複数枚、撮れることがわかった。これから役に立つかどうか、ささやかな収穫。こんど、1秒間に何枚まで撮れるか試してみよう。

 先日(12月12日)井戸のくみ上げポンプが止まってしまって、呼び水で復旧させたが、あれからどうやら水の出がよくなったらしくて、きょう、浴槽に水を張るさい確認すると、浴槽を新調して以降の6年間、これまで8分30秒かけていたのが、8分かからずにいつもの水量に達する。約8パーセント、揚水量が増えている計算になる。呼び水をやかんから注ぐとき、ざっとだがタンクの口の汚れを取り除いた。そんなことが揚水量を増やしたのだろうか。8パーセント増というのは小さくない。消費税率と同じである。もっときちんとタンクを見る必要があるかもしれない。


●2016年7月~12月はこちら
画像
画像
無料カウンター